地元工務店の選び方について

新築住宅をメインに取り扱っているかチェック!

工務店は新築住宅だけではなく、様々な業務を行っているケースが多いです。例えばリフォームや内装工事、解体業務などを行っています。注文住宅を建てるつもりなら、新築住宅に強い工務店を選ぶのがコツです。新築住宅に対応していても、解体やリフォームなど他の業務を主に行っている工務店には注意が必要です。そういった業者は注文住宅の実績が少なく、ノウハウを持っていない場合があります。できれば新築住宅を専門に扱っている工務店、もしくは他の業務を行っていたとしても新築住宅をメインに請け負っている工務店を選ぶとよいでしょう。また、リフォームなどをメインに行っている工務店は、新築住宅の仕事に慣れたスタッフがいないケースもあるので注意してください。

しっかり要望を聞き入れたプランを提案してくれるかが大切

注文住宅を建てる時は、まず工務店と打ち合わせをすることになりますが、この時にどういう対応をしてくれるかも工務店選びの重要なポイントになります。工務店によっては、おすすめのプランや間取りなど、工務店側の意見ばかり言ってくるところがあるかもしれません。確かにプロ目線のおすすめを提案してくれるのはありがたいことですが、注文住宅の魅力は自分好みの家を建てられることです。自分の要望を受け入れてくれなければ、注文住宅を選ぶ意味がなくなってしまいます。優良工務店はお客さんの要望をしっかり聞き入れた上で、最適なプランを提案してくれるものです。打ち合わせの時に、こちらの意見を全く聞いてくれないような対応をされたら注意してください。

建売住宅は住宅業者が設計しているので無難な仕上がりになっているのが特徴です。注文住宅を建てるのに比べて安くて設計の手間がないのが魅力です。