大手ハウスメーカーを利用するデメリット

設計の自由度が制約されるケースがある

注文住宅の魅力として最も大きいのが、設計の自由度が高いことでしょう。このため、施工主の好みやニーズに合わせて、自由自在な家造りが可能になります。その一方で、大手ハウスメーカーでは住宅を規格化および工業化して、大量に販売するのが基本的なスタイル。規格住宅であることが前提になるため、設計の自由度が必ずしも高いとは言えません。つまり大手ハウスメーカーに注文住宅を依頼すると、自分たちが希望するような家造りを諦めざるを得ないケースが発生することも、ある程度は覚悟する必要があります。例えば特殊な間取りや個性的なデザインを希望したり、いびつな地形や狭すぎる土地といったように、規格内に収まらないケースがこれに当たります。

コストが割高になることも

前述した設計の自由度と関連して、コストが高くなるケースがあることも、大手ハウスメーカーのデメリットと言えるでしょう。本来であれば、大手ハウスメーカーが規格化して大量に生産する注文住宅は、コストの安さが魅力の1つのはず。ところが希望した注文住宅が規格から外れるものだと、たちまちコストが跳ね上がってしまうことも、決して珍しいことではありません。

大手ハウスメーカーの注文住宅は規格化や工業化することを前提に、大量生産と低コスト化を実現しているため、それがかえって柔軟性を欠く原因になりがちです。例えば敷地の形状や高低差によって、やむを得ず特殊な間取りやデザインを希望しても、規格住宅では対応できないことが多々あります。広告費や建設費あるいは営業マンの人件費など、何かと経費がかさむ大手ハウスメーカーに、完全オーダーメイドの注文住宅を依頼すれば、コストが高くつくのも必然と言えるでしょう。

分譲住宅は、同じ似た建物がすでに建てられ、販売されていることを言います。新しい家が欲しい人や、コストを抑えたい人にお勧めです。