地域密着型の工務店を利用するメリット

設計の自由度が一段と高いため、注文住宅の魅力を実現しやすい!

注文住宅は施工主の希望や好みに合わせ、自由自在な家造りを実現できることが、大きな魅力と言えます。地域密着型の工務店であれば、このような注文住宅の魅力を最大限に活かすことが可能です。まず地域の実情に詳しいので、複雑な地形や狭い土地であっても、スムーズな着工が期待できます。

さらに大手ハウスメーカーのように規格住宅の販売を前提としていないので、設計の自由度が一段と高いのも、地域密着型の工務店の強み。施工主が特殊な間取りや個性的なデザインを希望しても、柔軟に対応することが可能です。また工務店にはそれぞれ得意とする、工法や素材あるいはデザインといった、独自の強みを持っていることが珍しくありません。例えば山間部の街にある工務店ならば、ログハウス風の建築設計で力を発揮するケースも見られます。

低価格の注文住宅なら、経営コストの小さい地域密着型の工務店!

どうせ注文住宅を建てるなら、価格を低く抑えた上で、理想的な家造りを実現したいものです。地域密着型の工務店であれば、このようなニーズにも、十分応えることが可能です。地域に密着した工務店の多くは、経営規模の小さいことが珍しくありません。つまり広告費や建築費あるいは営業マンの人件費など、余計な経営コストがかかっていないため、その分を価格の安さとして反映することができます。その上、同じ地域にある銀行や信用金庫などと、日頃から密接なつがりを持っている工務店も多く、ローンを組みやすいのも大きな魅力です。注文住宅を検討する際に、価格の安さを重視したいケースや、費用に不安のある施工主であれば、地域密着型の工務店に相談するとよいかもしれません。

新築一戸建ては建売住宅と注文住宅の二通りの購入の仕方があります。建築済みの物件を買うか、設計して建てるかが両者の違いです。